SSブログ

2009年宝塚記念予想 [野球]

▽第10宝塚記念オープンG1

2200メートル(芝右・14頭)発走15.40、前日場外17.00

(1)(1)マイネルキッツ   58松 岡
(2)2インティライミ   58佐藤哲
(3)3スマートギア    58武 豊
(3)4アドマイヤフジ   58川 田
(4)5ヒラボクロイヤル  58鮫 島
(4)6エリモエクスパイア 58小 牧
(5)7アルナスライン   58蛯 名
(5)8サクラメガワンダー 58福 永
(6)9ドリームジャーニー 58池 添
(6)10スクリーンヒーロー 58横山典
(7)11ディープスカイ   58四 位
(7)12モンテクリスエス  58安藤勝
(8)13コスモバルク    58津 村
(8)14カンパニー     58岩 田
-------------------------------NIKKEIサイトより引用

 ウオッカが回避し、やや興が削がれた今年の宝塚記念。個人的にはウオッカの回避は賢明。海外遠征のあとであのパフォーマンス。反動は必ずあります。できれば調教せずに秋に備えてほしかったです。
 それはともかく、ウオッカの回避により、1番人気は当然のようにディープスカイとなります。父アグネスタキオンの弔い戦ということで、さらに人気に拍車がかかるのは必至。実際能力的には勝てると思うし、コース実績もあります。この馬の本命は動かない。
 2番手はアルナスライン。大レースで勝ちきれないが、斤量慣れしているので58キロは問題ない。
 3着狙いならスマートギア。今年の大レースは自動車関連の馬名が好走している。高松宮記念のローレルゲレイロ、NHKマイルCのジョーカプチーノ、桜花賞&オークスのブエナビスタ、ダービー2着のリーチザクラウン、ダービー馬ロジユニヴァースのロジはロジスティックの略で、ロジスティックは物流という意味。物流の主役は自動車ですよね(このネタは優駿に載っていた)。この伝でいくと、自動車に付きものは変速機。変速機の中身はギア。ということでスマートギアとなります。ただこの馬は斤量が未知数。重賞での好走実績もなくあくまで複勝圏内ギリギリである。
 忘れてはいけないのはドリームジャーニー。大阪杯ではディープスカイに勝っている。朝日杯勝ち馬の割に息の長い活躍を続けている。阪神コースのマッチングもいい。何より父ステイゴールド、母父がメジロマックイーンというのが魅力だ。できればメジロマックイーンの直仔、ホクトスルタンも出走して欲しかった。
 スクリーンヒーローはどうやらあのジャパンカップはデムーロの腕で勝ったらしく、マイネルキッツは展開に恵まれすぎた。というわけで軽視。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1